物価スライド制と手当額の改定について

「児童扶養手当」「特別児童扶養手当」「障害児福祉手当」などの手当額は、支給額の実質的な価値を維持するために、物価が上昇すれば増額し、下落すれば減額する仕組みになっています。この仕組みを「物価スライド制」と言います。

具体的には、総務省が作成する年平均(1月から12月までの1年間)の全国消費者物価指数が、前年の物価指数を上回った場合、または下回った場合、その比率を基準に、翌年、4月からの手当額が改定されます。これに従い、平成30年も4月に手当額の改定があり、0.5パーセントの増額となっています。

「児童扶養手当」の手当額

手当は、4月・8月・12月に、前月までの4か月分をまとめてお支払いするため、4月振込分(12月分から3月分)は改定前の手当額となり、8月振込分(4月分から7月分)から改定後の手当額となります。

平成30年4月分からの「児童扶養手当」月額

<お子さん1人のとき>
・手当の全額を受給できる方:4万2500円
・手当の一部を受給できる方:4万2490円から1万30円

<お子さん2人のとき>
・手当の全額を受給できる方:5万2540円
 (1人のときの月額に1万40円を加算した額)
・手当の一部を受給できる方:5万2520円から1万5050円
 (1人のときの月額に1万30円から5020円を加算した額)

<お子さん3人のとき>
・手当の全額を受給できる方:5万8560円
 (2人のときの月額に6020円を加算した額)
・手当の一部を受給できる方:5万8530円から1万8060円
 (2人のときの月額に6010円から3010円を加算した額)

●以降、お子さんが1人増えるごとに
・手当の全額を受給できる方:6020円を加算した額
・手当の一部を受給できる方:6010円から3010円を加算した額

平成30年3月分までの「児童扶養手当」月額

<お子さん1人のとき>
・手当の全額を受給できる方:4万2290円
・手当の一部を受給できる方:4万2280円から9980円

<お子さん2人のとき>
・手当の全額を受給できる方:5万2280円
 (1人のときの月額に9990円を加算した額)
・手当の一部を受給できる方:5万2260円から1万4980円
 (1人のときの月額に9980円から5000円を加算した額)

<お子さん3人のとき>
・手当の全額を受給できる方:5万8270円
 (2人のときの月額に5990円を加算した額)
・手当の一部を受給できる方:5万8240円から1万7980円
 (2人のときの月額に5980円から3000円を加算した額)

●以降、お子さんが1人増えるごとに
・手当の全額を受給できる方:5990円を加算した額
・手当の一部を受給できる方:5980円から3000円を加算した額

「特別児童扶養手当」の手当額

手当は、4か月分をまとめてお支払いするため、4月振込分(12月分から3月分)までは改定前の手当額となり、8月振込分(4月分から7月分)から改定後の手当額となります。

平成30年4月分からの「特別児童扶養手当」月額

●特別児童扶養手当1級(重度): 5万1700円
●特別児童扶養手当2級(中度): 3万4430円

平成30年3月分までの「特別児童扶養手当」月額

●特別児童扶養手当1級(重度): 5万1450円
●特別児童扶養手当2級(中度): 3万4270円

「障害児福祉手当」の手当額

手当は、5月・8月・11月・2月に、前月までの3か月分をまとめてお支払いするため、平成30年5月振込分(2月分から4月分)のうち、2月分と3月分は1万4580円、4月分は1万4650円となります。

平成30年4月分からの「障害児福祉手当」月額

1万4650円

平成30年3月分までの「障害児福祉手当」月額

1万4580円

更新日:2018年4月2日

子育てタウンへようこそ

こんにちは!
子育てタウンです!

「子育てタウン」には、子育てするうえで知っておきたい行政サービスがいっぱい! 子育てにがんばるママやパパの役に立つよう、 できるだけわかりやすい言葉・表現でお伝えしています。 行政サービスを使いこなして、子育てをエンジョイしてください。

全国の子育てタウン 行政サービスをしらべる

子育て応援情報

全国の子育てタウン一覧